/

「海水注入、中断なかった」 現場判断で継続と東電

福島原発の事故対応

記者会見する東京電力の武藤栄副社長(26日)

記者会見する東京電力の武藤栄副社長(26日)

東京電力の武藤栄副社長は26日午後3時に会見し、福島第1原子力発電所1号機への冷却のための海水注入が中断されていたとしてきた問題で、「実際には停止は行われず、注水が継続していたことが判明した」と発表した。海水は3月12日の午後7時4分に注水が始まり、その後も継続していた。

官邸での会議に出ていた東電担当者から本店と発電所に、「首相の了解が得られていない」との連絡があり、本店と発電所で協議した結果、いったん注水は停止することにしたが、発電所所長の判断で海水注入を継続していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン