/

この記事は会員限定です

新潟大、低血糖脳症治療に有効な物質確認

[有料会員限定]

新潟大学は、血糖値が極端に低下してまひや意識障害が起こる低血糖脳症の治療薬に使える物質を突き止め、ラットで効果を確かめた。低血糖脳症は糖尿病患者で多く、繰り返すと認知症になりやすい。低血糖脳症の適切な治療薬はまだない。製薬企業との臨床試験(治験)を進め、実用化を急ぐ。

低血糖の治療でブドウ糖を投与すると脳で過酸化脂質が増える。神経細胞を傷つけたり壊したりして低血糖脳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン