宇宙・ノーベル賞…日本の科学技術、11年も飛躍へ

(1/4ページ)
2011/1/2 8:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小惑星探査機「はやぶさ」の7年ぶり地球帰還や日本人2氏のノーベル化学賞受賞など、科学技術の話題にあふれた2010年。11年も宇宙開発、新型万能細胞(iPS細胞)研究、ノーベル賞と日本勢の活躍が期待できそうだ。日本の科学技術は今年も一段と飛躍する。

宇宙開発の分野では1月20日に早速、世界が注目する打ち上げが控える。日本の大型ロケット「H2B」を使い、無人輸送機「こうのとり(HTV)」の2号を種子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

進化する国産ロケット

電子版トップ



[PR]