スマホ「電池長持ち」に光 慶大や富士通が新技術
データ処理や電波増幅を省電力化

2012/2/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の電池を長持ちさせるための技術開発が加速している。慶応大学はスマホ全体の消費電力が最大1割減るデータ処理技術を開発した。富士通は電波の出力を増幅する半導体部品の電圧を利用状況によってこまめに調節し、省電力につなげる技術の実用化にメドをつけた。スマホをパソコン代わりに使う人が多いなか、面倒な充電の回数を少しでも減らせる技術開発が今後も盛んになりそうだ。

慶応…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]