日立、デジタルデータをガラスに記録 ほぼ永久保存可能

2012/9/24付
共有
保存
印刷
その他

 日立製作所は24日、デジタルデータをガラスに記録する手法を、京都大学と共同開発したと発表した。耐熱性や耐水性が高いガラスを使っているので、長時間高温な過酷な状況でもデータが劣化せず、ほぼ永久的に記録が残せる。

 貴重な文化財や公文書などの保存用に使えるとみており、実用化を目指す。

 純度の高い石英ガラスを使う。ほんの一瞬の短い時間に高エネルギーの光を出す「フェムト秒パルス」レーザーをガラスに当て内部に点を作り、「0」「1」情報を記録する。顕微鏡でガラスを観察して点を読み出す。

 100個の点を一斉に作る手法を開発、効率的に記録できるようにした。また、4層に記録することで記憶容量をCD並みに高めた。さらに多層化し動画も保存できるDVD並みに改良する。

 点を刻んだガラスを2時間セ氏1000度に加熱した後も、情報は劣化せず読み出せた。耐熱性金庫と同レベルの丈夫さで、ガラスが割れない限りいつまでも情報が保存できる。

 現在、デジタルデータの保存の寿命は半導体やハードディスクは10年以下、マイクロフィルムでも百年程度という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

日立製作所ガラスデジタルデータ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 25日 21:03
23日 7:01
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 25日 23:21
25日 23:15
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
25日 21:55
25日 21:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報