ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小澤の不等式の実験、80年の混乱を解消 2つの不確定性原理を切り分け
日経サイエンス

2012/2/25 7:01
共有
保存
印刷
その他

 名古屋大学とウィーン工科大学のチームが発表した「不確定性原理を破った」とのニュースから40日。当初は「量子力学が否定されたのか!?」との混乱が広がったが、それは誤解だった。実は「不確定性原理」という言葉はもともと2つの意味で使われており、しかも両者が80年間にわたって専門家の間でも混同されていたことに、混乱の主な原因がある。誤解の理由と小澤の不等式の実験実証の意味を、改めて探った。

 世の中には「不確定性原理」と呼ばれる式が2つある。物理学者ハイゼンベルクが約80年前に打ち出した

 εqηp≧h/4π(1)

と、同時代のケナードが導いた

 σqσp≧h/4π(2)

という式だ。

 この2つは一見よく似ているが、その意味はまったく違う。

 ハイゼンベルクの式は「物体の位置を測ったときの正しい値からのずれεqと、測定によって引き起こされる運動量の乱れηpはトレードオフの関係にある。位置を正確に測れば測るほど運動量の乱れは大きくなり、両方を正確に知ることはできない」ということを意味する。

 一方、ケナードの式は「物体の位置のゆらぎσqと運動量のゆらぎσpは、ある一定以上に小さくすることはできない」と語る。20世紀に登場した量子力学によれば、位置も運動量も決まった値にはならず、ある幅でゆらいでいる。このゆらぎは物理量にもともと備わっているもので、測定とは関係なく存在する。

 2つの式のうち、一般社会によく知られているのはハイゼンベルクの方だ。彼はこの式で「我々は原理的にすら現在のすべてを知ることはできない。従って未来も予測できない」という新しい世界観を打ち立て、物理学を超えて注目された。この主張は今も正しいが、式の方は今回、実験で破られた。

 だが発表を聞いた物理学者の多くは当初、ケナードの式が破られたと誤解した。実は日々の研究では、ケナードのほうをずっとよく使う。しかもケナードの式は量子力学の式から数学的に導かれており、破られたら量子力学が崩れてしまう。ハイゼンベルクの式は象徴的な意味合いは大きいが数学的証明はなく、反証されても量子力学は揺るがない。

 ハイゼンベルク自身を含め物理学者らの多くは、これまで2つの不確定性原理の区別をきちんとつけてこなかった。今回の実験で実証された小澤の不等式は、誤差と乱れ、そしてゆらぎをきちんと区別した上で、かつてハイゼンベルクが追究した測定の限界を正しく語っている。2003年に提唱され、これまでは一部の専門家にしか知られていなかったが、今回実験で実証されたことで、物理学界全体に知れ渡った。

 名古屋大学の谷村省吾教授は「誤差・乱れとゆらぎの区別が明確になったことは、特に実験において意義が大きい」と指摘する。従来は誤差を小さくするにはゆらぎを小さくするしかないと考えられていたが、小澤の不等式は「わざとゆらぎの大きな状態を作り、誤差を小さくするという方法があることを示した」という。

 宇宙の背景放射やニュートリノ観測などの精密測定は、いずれ量子雑音が問題になる領域に近づき、誤差と乱れの限界値が問題になるだろう。それに最も近いとされているのは重力波検出で、建設中の重力波望遠鏡「KAGRA」の研究チームは今後、小澤理論が重力波検出について持つ意味を検討することにしている。

(詳細は25日発売の日経サイエンス4月号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

ニュースな技術をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

名古屋大学ウィーン工科大学谷村省吾

関連記事


【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図3 レーザープロジェクターでは、青色半導体レーザーと蛍光体を組み合わせた光源を利用するのが主流だが、液晶パネルやDMDといった表示素子や光学系などは各メーカーで異なる。例えばソニーは、RGB3色それぞれに液晶パネル(合計3枚)を用意し、映像を作る(a)。パナソニックはDMDを用いる(b)。(図:(a)はソニー、(b)はパナソニック)

プロジェクター搭載で開発競争再燃、半導体レーザー [有料会員限定]

 光源に半導体レーザーを利用した「レーザープロジェクター」の新製品が相次いでいる。これまでは一部の高輝度な業務用製品に限られていたが、オフィスや家庭で利用する普及帯の製品にも広がりつつある。それに伴い…続き (10/23)

図5 三井化学が試作したエンジンのピストンとコンロッド。炭素繊維で強化した熱可塑性ポリイミドで加工した。ガラス転移温度が250℃という高耐熱性を生かし、アルミ合金などの代替を狙って軽くする

適材適所の材料活用、欧米を一気に抜く「秘策」 [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/20)

図4 BMW社の7シリーズの生産ライン。CFRPを使って部品を加工し、ボディーとして組み立てるために専用の設備や生産ラインを新設している(写真:BMW)

車に潜む「日本の危機」、材料活用で欧米に後じん [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

10/24 1:00更新 テクノロジー 記事ランキング

TechIn ピックアップ

10月24日(火)

  • トラック輸送を巡る「人間vsロボット」の闘いが始まった─米上院の自律走行法案が火付け役に
  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • コーヒーも目覚ましもAIで進化 欧州発の家電 日本に来たら話題になりそうなスマート家電を紹介

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月24日付

2017年10月24日付

・フィットビット、日本で企業向け開拓 まず三菱自健保向け健康管理
・星明かりでも高感度撮影 キヤノン、ネット対応カメラ
・ゴム、輪状化合物で強く 東工大
・日本ガイシ、低レベル放射性廃棄物の重さ50分の1に
・世界のEV普及、2025年から加速…続き

[PR]

関連媒体サイト