3号機で作業員3人被曝、2人を病院搬送 福島第1
放射線量170~180ミリシーベルト

2011/3/24付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は24日、福島第1原子力発電所3号機で作業していた協力会社の作業員3人が被曝(ひばく)したと発表した。浴びた放射線量は170~180ミリシーベルト。このうち2人は両足の皮膚に放射線でやけどを負った疑いがあり、病院に搬送された。

作業員3人の被曝(ひばく)について発表する東京電力の武藤栄副社長(24日夕)

作業員3人の被曝(ひばく)について発表する東京電力の武藤栄副社長(24日夕)

3人は20~30歳代の男性。24日午前10時から午後1時まで、3号機のタービン建屋地下1階で電源ケーブルを敷設する作業をした。現場から戻って身に付けていた放射線計測機を調べたところ、最大180.07ミリシーベルトを記録していた。

現場の足元に放射性物質を含む水がたまっていたとみられる。このうち2人は足にベータ線熱傷を負った可能性があり、救急車で搬送された。被曝治療を専門とする放射線医学総合研究所に移送される予定。

厚生労働省は15日、福島第1原発での放射線量の限度を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げている。東電は今回、20ミリシーベルトで作業を中断するように指示していたが、なぜ値を超えたかは不明という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]