「H2A」打ち上げ秒読み 「だいち2号」など搭載

2014/5/24付
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後0時5分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から国産の主力ロケット「H2A」24号機を打ち上げる。災害監視などに使うJAXAの陸域観測技術衛星「だいち2号」などを搭載。発射から約16分後にだいち2号を分離して予定の軌道に投入する。

陸域観測技術衛星を載せて、発射地点で打ち上げを待つH2Aロケット24号機(24日午前、鹿児島県の種子島宇宙センター)=共同

陸域観測技術衛星を載せて、発射地点で打ち上げを待つH2Aロケット24号機(24日午前、鹿児島県の種子島宇宙センター)=共同

だいち2号はレーダーで地上のわずかな変化を観測する。地震や津波、地盤沈下などの災害の監視や対策に役立てるほか、森林伐採やインフラの監視などにも利用が期待される。2011年に運用を終えただいち1号の後継機で、性能を大幅に高めた。

H2Aの打ち上げは今年2月以来。成功すれば、H2A単体での成功率は95.8%(24機中23機)になり、国際的な信頼性の目安とされる95%を維持できる。ロケットの国際的な信用度が一段と高まり、海外の人工衛星の受注獲得に向けて弾みがつく。

H2Aには「だいち2号」に加え、ロケットの余ったスペースを活用して、東北大学の衛星「RISING-2」や和歌山大学の衛星「UNIFORM-1」など4基の小型衛星も相乗りしている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]