日立と神戸大、唾液成分からストレス測定

2014/5/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所は神戸大学の竹内俊文教授と共同で、唾液の成分からストレスを簡単に測る技術を開発した。従来技術と違って、高額で大がかりな装置などが不要で、測定時間も3分の1の数十分にできるという。心の病や自殺の予防などに役立つとみており、5年後の実用化を目指す。オーストラリアで開催中の国際学会で28日に発表する。

ストレスによってうつになる人が増えており、それが原因の自殺は社会問題になっている。ストレス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]