福島原発1号機で計器再稼働 3号機では黒煙

2011/3/23付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災で被災した東京電力の福島第1原子力発電所では23日、復旧を急ぐ1~4号機のすべてで電気を流す準備が整った。1号機では一部の計器が再稼働した。ただ3号機で同日夕に黒煙が発生。2号機も放射線量が高いことが分かった。復旧作業や放水の中断が相次ぎ、冷却機能を取り戻す作業が滞る懸念が出ている。

東京電力は黒煙が上がった後、1~4号機での作業をすべて中断し、11人の作業員を避難させた。福島第1原発では22日夜までに全6基で外部電源が回復。23日には1号機の原子炉建屋に隣接する中央制御室で一部の計器が動き始めた。原子炉へ注ぐホウ酸水の状況を表示する機器も起動した。3号機は冷却ポンプを点検し、24日中にも水を送る準備が進んでいた。

枝野幸男官房長官は23日午後の記者会見で、3号機の黒煙について「原因の検討、調査をしている。確定的なことを申し上げる段階にない」と述べた。

1号機では23日午前4時に原子炉の温度がセ氏400度になった。給水量を増やして午後2時には同330度強になったが、地震時に本来の冷却機能が働けば同100度前後にとどまったはずだった。十分に冷やさないと燃料棒の損傷が一段と進む。格納容器内の圧力も1日で2倍になったが「設計上は耐えられる」(原子力安全・保安院)という。

また2号機のタービンがある建屋で、復旧作業中の2人が高い放射線を受けた。保安院によると、18日午前10時半ごろにそれぞれ5分当たり50ミリシーベルト、60ミリシーベルトを浴びた。1時間当たりでは600~720ミリシーベルトで、白血球数が減り始める毎時500ミリシーベルトを超える。炉内の燃料棒が傷んでいる恐れもある。保安院は「放射線の原因は不明」としている。

使用済み核燃料プールへの放水は23日も続いた。4号機は生コン圧送機で水を入れた。一方、東京消防庁は23日午後、黒煙が上った3号機への放水を中止したと発表した。当初は横浜市消防局が同庁の支援を受けて、同日午後4時半から同6時半まで放水する予定だった。同庁によると、現場に待機していた隊員は、第1原発から約20キロ離れた「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町)に退避した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]