2018年12月15日(土)

紙の太陽電池、加工自在に 阪大が開発
3年後メドに実用化目指す

2012/9/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学の能木雅也准教授らは、太陽の光をあてると発電する紙を開発した。紙の原料となる木材パルプに、銀の極細配線や有機物からなる発電材料を組み合わせた。丸めたり折り畳んだりして持ち運びできる。プラスチック製よりも加工性に優れる。3年後を目標に実用化を目指しており、将来の太陽電池の使い道が大きく広がりそうだ。

木材パルプの繊維を通常の3分の1にあたる15ナノ(ナノは10億分の1)メートルまで細くし、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報