2018年10月16日(火)

インフル次々と新型、予測難しく 日本では臨床研究に基準なし

2013/12/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インフルエンザは毎年のように新しいタイプが登場する。今春、中国でH7N9型ウイルスが小規模ながら流行。今月も同じ中国で「H10N8型」というウイルスで感染者が死んだ。パンデミック(大流行)を引き起こすウイルスはどんな種類なのかを予測するのは難しい。

国は現在、毎年流行する季節性インフルのほか、致死率が高いH5N1型についてワクチンを準備している。しかしインフルエンザウイルスは変異しやすく、その場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報