/

アレルギー体質の仕組みの一端解明 東大など

東京大学医科学研究所は順天堂大学と共同でアレルギーが起きやすくなる仕組みの一端を解明した。特定の遺伝子がうまく働かないと、免疫細胞が炎症物質を盛んに出すようになるという。

アレルギーは免疫細胞の一つである「マスト細胞」から、炎症物質のヒスタミンなどが過剰に出て発症する。人によって症状が違い、遺伝子が一因と考えられている。

免疫細胞の表面にある「エルミア3」と呼ぶたんぱく質を作れなくしたマウスに化学物質を与えたところ、皮膚が赤く腫れ上がったり、ぜんそくになったりした。このたんぱく質が正常に働くマウスでは症状は起きなかった。

エルミア3と同様の働きをするたんぱく質はヒトの免疫細胞にもある。脂質の一種で皮膚などにあるセラミドが重要なことも突き止めた。根本的な治療薬の開発につながる可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン