2019年1月22日(火)

次世代加速器、国内誘致候補地は北上山地に

2013/8/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙誕生の謎に迫る巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を日本に誘致する際の建設候補地が、東北の北上山地(岩手、宮城県)に一本化された。選定作業を進めてきた科学者チームが23日、発表する。文部科学省は誘致を目指しているが、4000億円超の建設費負担で調整がついておらず、政府の最終判断は秋以降になる見通し。

国内の建設候補地を巡っては北上山地のほかに九州の脊振山地(福岡、佐賀県)も立候補して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報