/

シーラカンスに手足の遺伝子 東工大など解析

東京工業大学は「生きた化石」と呼ばれるシーラカンス2種のゲノム(全遺伝情報)を解読し、手足の遺伝子を見つけた。水中で生息するが、陸に住むカエルや哺乳類などが持つ四肢の発生に重要な遺伝子と判明。陸上生物へと適応する前段階であった可能性があるという。国立遺伝学研究所、東京大学との共同研究成果で、22日付の米科学誌ゲノム・リサーチに論文を発表した。

アフリカのタンザニアやコモロ諸島、インドネシアの現存2種計5匹のDNAを調べて見つけた。魚類はいずれもこれらの遺伝子を持たない。

またコモロ諸島やインドネシアの2種を比べたところ、遺伝子の違いはわずか0.18%しかなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン