/

日本の無人輸送機「HTV」、打ち上げ・分離成功

無人輸送機「HTV」2号機を搭載し打ち上げられたH2Bロケット(22日、鹿児島・種子島宇宙センター)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日午後2時37分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から日本の大型ロケット「H2B」2号機を打ち上げた。搭載した無人輸送機「HTV(愛称・こうのとり)」2号機を約15分後に分離し、打ち上げは成功した。HTVは地上約400キロメートルを周回する国際宇宙ステーション(ISS)に向かい、食料や水、実験機材などの積み荷を届ける。

HTVは全長10メートル、直径4.4メートル、重さ10.5トンの円筒型輸送機で、最大6トンの物資を運べる。2009年9月に1号機の打ち上げ・運用に成功した。1号機は物資も運んだが飛行ルートをテストする技術実証機だったので、今回の2号機が初の運用機となる。

HTV2号機は今後、およそ5日間かけてISSに近づき、28日未明にドッキングを完了する。荷物の運び出しが終わると、ISSから出た廃棄物などが詰め込まれる。3月にISSから離れて大気圏に再突入し、燃え尽きて任務を終える予定。宇宙機構などはHTVを15年度まで毎年度1機ずつ合計7機打ち上げる計画だ。

H2Bロケットは主力ロケット「H2A」をベースに開発したロケットで、H2Aに比べ積載能力が高い。初打ち上げはHTV1号機を搭載した09年9月。今回の成功で、H2Aと合わせた成功率は95%(20機中19機)となった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン