/

この記事は会員限定です

話題の素粒子、一挙解明か ヒッグスとニュートリノ

12年、発見・真偽かけた実験に注目

[有料会員限定]

素粒子ニュートリノが光よりも速く進んだかと思うと、今度は「神の素粒子」の異名を持つヒッグス粒子の発見が近いという12月の発表。欧州合同原子核研究機関(CERN)に絡んだ物理学の成果が世間を沸かせている。2012年はこれらに決着をつける実験がそれぞれ予定されており、その行方から目が離せない。

「ヒッグス粒子が、もしも"重い"ものなら来年の夏までに、逆に"軽い"ものなら冬までに結論が出る」。ヒッグス粒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン