たんぱく質やDNA混ぜると微小な機械に 情通機構など

2012/12/25付
共有
保存
印刷
その他

 情報通信研究機構と東京大学は、生命の設計図の材料であるDNAやたんぱく質を混ぜるだけで狙った構造の微小な「機械」に組み立てる技術を開発した。たんぱく質の部品を並べる順番や間隔なども調整できる。微小で高精度なセンサーなどの開発に役立つ可能性がある。成果は米科学アカデミー紀要の電子版に近く掲載される予定。

 DNAは鎖状の形で、設計を工夫すると2本の鎖がペアとして絡まり合うようにして1本のらせん構造を作る。こうしたDNAの特徴を生かして接着剤として使う。部品に使いたいたんぱく質をDNAにくっつけて混ぜると、部品が自然と組み上がる。

 実際に4個のたんぱく質を等間隔に並べた構造などを狙い通りに作れた。また、光る物質を付けて動く速さを調べるなど、微小機械の形によっては材料に使ったたんぱく質の性質が詳細に分かった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

DNA機械たんぱく質情報通信研究機構

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 18:54
16:26
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報