「はやぶさ2」にドイツ参加へ 着陸機で協力

2012/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2014年度に打ち上げを目指す小惑星探査機「はやぶさ2」計画に、ドイツが参加する。独航空宇宙センター(DLR)が開発した小型の着陸機をはやぶさ2に搭載。小惑星の上空から表面に降ろし、独が得意とする高性能顕微鏡などの観測機器で生命の痕跡などがないか詳しく調べる。

はやぶさ2は生命の起源と密接にかかわる炭素などが多く存在しそうな小惑星を訪れ、初代はやぶさに比べ緻密な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]