/

この記事は会員限定です

知の明日を築く 「不可能と思える研究を自由に試行」

山梨大ライフサイエンス実験施設の若山照彦教授

[有料会員限定]

山梨大学のライフサイエンス実験施設には、マウスの生殖実験やクローンの技術を極めた研究者が所属する。施設長の若山照彦教授は持ち前の高い技術で、理化学研究所が開発した「STAP細胞」が体のあらゆる種類の細胞に変化することを調べ、話題になった。若山教授に施設の概要や学生の教育などについて聞いた。

――一昨年に設立した新しい施設だ。

「大学に『生命環境学部』という学部を新設する際に、新たに設置された施設だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン