/

この記事は会員限定です

がん、血液から30分で診断 膵臓や乳がん想定

東大・ニコンなど

[有料会員限定]

東京大学の一木隆範准教授とニコン、国立がん研究センターなどは、微量の血液を調べて30分でがんかどうかを判定する技術を開発した。がん細胞から血液中にしみ出る微小な物質を手がかりにする。がんの初期段階でもわかり、早期発見に役立つという。2~3年でまず研究機関向けに実用化し、10年以内に医療機器として発売を目指す。

見つけにくい膵臓(すいぞう)がんなどの診断に使えるとみている。このほか、検査で被曝(ひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン