/

「30年内に震度6弱以上」、四国・九州など確率上昇

政府調査委が13年版予測地図

政府の地震調査委員会(委員長・本蔵義守東京工業大学名誉教授)は20日、全国各地で今後30年以内に震度6弱以上の大きな揺れに見舞われる確率を示す2013年版の「地震動予測地図」を発表した。東海沖から九州沖の南海トラフ巨大地震の想定を改めたのに伴い、紀伊半島から四国、九州地方にかけて確率が上がった。

南海トラフ地震は震源断層があらかじめ特定しにくい地震として、想定最大マグニチュード(M)を大きく見積もるなどした結果、高松市の確率が44%から58%に上昇し、宮崎市の確率も46%から54%に上がった。

揺れは関東地方にも広がり、さいたま市が3ポイント上昇して30%、東京・新宿も3ポイント上がり26%。千葉市は1ポイント上がって77%となった。

一方、東海地震(M8の発生確率88%)が単独で起きるという想定をやめ、南海トラフ全体の地震(M8~9の発生確率66.5%)を考慮したことで、静岡市の確率は90%から65%に低下し、名古屋市も46%から42%に下がった。

今後は全国規模で想定マグニチュードを見直し、14年版の地震動予測地図に反映させる。

地震調査委員会が公表した30年以内の震度6弱以上の発生確率
都市名2013年都市名2013年
札幌0.6 (―)大津9 (▲2)
青森3 (―)京都12 (▲2)
盛岡2 (―)大阪53 (▲10)
仙台3 (―)神戸23 (4)
秋田8 (―)奈良59 (▲11)
山形2 (―)和歌山55 (4)
福島3 (―)鳥取5 (1)
水戸62 (―)松江2 (―)
宇都宮6 (―)岡山38 (14)
前橋4 (1)広島24 (3)
さいたま30 (3)山口3 (―)
千葉77 (1)徳島68 (4)
東京26 (3)高松58 (14)
横浜70 (▲1)松山40 (4)
新潟7 (―)高知71 (4)
富山6 (―)福岡6 (2)
金沢3 (―)佐賀7 (2)
福井13 (2)長崎2 (1)
甲府48 (▲7)熊本8 (3)
長野13 (1)大分56 (6)
岐阜19 (1)宮崎54 (8)
静岡65 (▲25)鹿児島20 (5)
名古屋42 (▲4)那覇24 (▲1)
70 (▲17)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン