2018年12月11日(火)

「不確定性原理」破った小澤教授の不等式

(1/2ページ)
2012/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドイツの天才物理学者ウェルナー・ハイゼンベルクが打ち立てた「不確定性原理」を、日本の研究者が約80年ぶりに破ることに成功した。名古屋大学教授で数学者の小澤正直氏。今回の成果は「全く新しいサイエンスの誕生をもたらすだろう」という。小澤氏に研究の意義や波及効果を語ってもらった。

「ハイゼンベルクの不確定性原理はその定義自体があいまいで、科学理論としての要件を欠いていました。長いこと、その実証や反証を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報