難問も瞬時に計算 量子コンピューター実用化へ加速

(1/3ページ)
2013/9/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子や光子(光の粒子)などミクロな世界で起きる量子力学的な現象を利用して膨大な計算を一度に処理する「量子コンピューター」の研究開発が加速している。現在のコンピューターでは計算に何年もかかるため事実上解けない数学的な問題が瞬時に解けると期待されている。こうした難問は最先端の研究や実社会の様々なところでみられるため、本格的な量子コンピューターが実用化されれば、劇的な影響を与える見通しだ。

「0」と「

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]