相次ぐ大雪、難しい「積雪」予報 どう備えるか
編集委員・気象予報士 安藤淳

(1/2ページ)
2014/2/18 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関東甲信地方は今冬、雪が多い。気象庁の「雪が降る」という予報はほぼ当たっているが、積雪の深さは実際とのずれが大きい。地形などの影響で局地的に寒気がたまり、それが流れ出すのを正確に予測するのが難しいためだ。気温が予想よりも1~2度低いだけで積雪は大きく変わってしまう。今後も低気圧の接近がありそうで、最新の情報をもとに備えをしたい。

■気温下がり状況一変

「日付が変わる頃から気温は上昇に向かう」。14…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]