/

この記事は会員限定です

原子力安全行政34年ぶり一元化 規制委19日発足

[有料会員限定]

経済産業省原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会は18日、最後の記者会見を開き、そろって「国民の皆様におわび申し上げたい」と謝罪した。両者は19日に廃止されて同日発足の原子力規制委員会に統合。34年ぶりに日本の原子力安全行政が一元化される。

原子力船むつの放射線漏れ事故を受けて1978年に安全委が発足して以来、日本では旧科学技術庁、2001年からは保安院との二重規制が続いた。海外からたびたび弊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン