2019年1月20日(日)

福島原発事故の評価「レベル5」に引き上げ 保安院
米スリーマイル島事故と同水準

2011/3/18付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省原子力安全・保安院は18日夕の記者会見で、福島第1原子力発電所1~3号機の事故が国際原子力事象評価尺度(INES)でレベル5(所外へのリスクを伴う事故)に相当するという暫定評価を発表した。レベル4から引き上げた。INESは最も重いレベル7から0までの8段階で、過去には1979年の米スリーマイル島原発事故もレベル5だった。レベル7(深刻な事故)の86年のチェルノブイリ原発事故に次ぐ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報