手術後の傷痕残りにくく 日大など新薬候補の物質発見

2013/10/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本大学医学部の福田昇教授と公益財団法人実験動物中央研究所(川崎市)の研究グループは、帝王切開などの手術後に体に残ってしまう傷痕をなくす新薬の候補物質を発見した。手術前にあらかじめ物質を塗っておけば、炎症を抑えて皮膚が盛り上がるような傷痕ができにくくなる。来年にも臨床試験を始めて早期の実用化を目指す。

手術後の傷痕は、皮膚細胞の免疫反応が過剰に働くためにできる。傷を受けた細胞が遺伝子レベルで記録…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]