/

この記事は会員限定です

iPS細胞「拒絶反応」説などに反論 京大・山中教授

[有料会員限定]

iPS細胞を巡り医療応用などの難しさを示唆する論文が話題になり、京都大学の山中伸弥教授が反論を試みている。

米カリフォルニア大学の研究チームは5月にiPS細胞の拒絶反応の可能性を指摘する論文を出した。マウスにiPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)を移植。わざとがん細胞を作り、がん細胞ができない場合があるのは免疫による拒絶反応の影響とした。

これに対し山中教授はiPS細胞を移植したとき、必ずがんができる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン