H2A、打ち上げ成功 「あかつき」分離

2010/5/21付
保存
共有
印刷
その他

金星探査機「あかつき」を搭載し、打ち上げられたH2Aロケット(21日、鹿児島県・種子島宇宙センター)=共同

金星探査機「あかつき」を搭載し、打ち上げられたH2Aロケット(21日、鹿児島県・種子島宇宙センター)=共同

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は21日午前6時58分、日本初の金星探査機「あかつき」などを載せた主力ロケット「H2A」17号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。打ち上げから27分後にあかつきを無事に分離し、打ち上げは成功した。

今回の打ち上げはあかつきのほか、太陽光を受けて飛行する宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」と鹿児島大学などの小型衛星4基も同時に搭載されていた。

H2Aは今回で11回連続の打ち上げに成功。成功率は93.8%から94.1%になった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]