2019年4月23日(火)

静岡東部地震「東海地震と結びつかず」 地震調査委

2011/3/16付
保存
共有
印刷
その他

国の地震調査委員会(委員長・阿部勝征東京大学名誉教授)は16日開いた会合で、15日夜に静岡県東部で起きたマグニチュード(M)6.4の地震について「ただちに(想定される)東海地震に結びつくような異常な地殻変動は観測されていない」との見解を示した。また11日に発生した東日本巨大地震との関係については「今回の地震はその影響によって発生した可能性は否定できない」としている。

気象庁が東海地域に設置したひずみ計では、異常は現れていない。会合後に記者会見した阿部委員長は「(今回の地震によって)想定東海地震がただちに起こるものではないと判断した」と話した。

静岡県の駿河湾沖では周期的に発生する海溝型の巨大地震「東海地震」がいつ起きてもおかしくないといわれる。15日の地震の震源域は、東海地震の想定震源域とも近く、関連が注目されていた。国は東海地震の前兆を事前にとらえ、住民の避難などを促すことを目指している。

また11日に発生した東日本巨大地震によって誘発された可能性については「否定できない」とした。今回の震源域では、東日本巨大地震の影響で東西方向に引っ張る力が働いたと考えられている。そのため南北方向に圧縮される形となり、それが引き金になった可能性がある。

阿部委員長によると、12日未明に長野県北部で発生したM6.7の地震の震源域でも同様の引っ張りの力が働いており、同様のメカニズムで東日本巨大地震によって誘発された可能性があるという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報