/

福島第1・2原発周辺で放射線量測定 文科省

文部科学省は16日、福島第1原子力発電所と第2原子力発電所の周辺地域で15日午後8時40分~同50分に放射線量を測定した結果を発表した。毎時223マイクロ(マイクロは100万分の1)シーベルト~330マイクロシーベルトで、いずれも胃のX線検査を1回受けたときに浴びる放射線量である約600マイクロシーベルトの半分程度かそれ以下だった。

測定を実施したのは、福島第1と第2原発から北西方向に約20キロメートル付近(福島県浪江町周辺)の3カ所。モニタリング用の車両の車内外で測定した。放射線量が大きかったのは車内の測定では毎時300マイクロシーベルト、車外では330マイクロシーベルトだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン