/

この記事は会員限定です

農水省、漢方薬原料の栽培実験 中国の輸出規制で

[有料会員限定]

農林水産省は2014年度から、漢方薬の原料となる薬用植物の栽培実験を、全国最大20カ所で始める。地域ごとに適した品種を選び、栽培する。農業機械も開発し16年の国内生産量を1.5倍にする。国内需要の8割を中国産が占める薬用植物は、中国の輸出規制で日本の輸入価格が上昇。高品質の品種生産と価格の安定を狙う。

農水省は栽培実験に取り組む主体を全国の農業協同組合や自治体などから公募し、10~20団体を対象に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン