/

この記事は会員限定です

多剤耐性菌と戦うには まず手洗いで院内感染防止

[有料会員限定]

ほとんどの抗菌薬が効かない多剤耐性菌の院内感染が各地の病院で相次ぎ、被害の拡大が懸念されている。最初の抗菌薬「ペニシリン」が普及した1940年代から常に、新しい抗菌薬が開発されても、それを治療で使ううちに耐性菌が出現するといったイタチごっこを繰り返してきた。対策としてさらなる新薬の開発を訴える声もあるが、まずは手洗いや殺菌の徹底といった地道な取り組みをきちんと実施するべきだと専門家は指摘している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン