2019年6月24日(月)

iPS細胞の難病研究、産業育成へ国や企業も協力

2013/4/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞を使った難病の研究には、政府や民間企業も協力する。有効な治療薬が得られれば患者の朗報になるほか、iPS細胞の産業育成にもつながるからだ。一方、企業にとっても効果的で副作用が少ない薬が得られれば、開発期間の短縮やコストの削減になる可能性がある。

iPS細胞は病気になった臓器や組織を作り移植する再生医療に使える一方、患者の病態を再現した細胞を大量に得られる特長がある。これは「疾患特異的iP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報