iPS特許、治療向け初供与 京大系管理会社、仏社に

2010/10/18付
共有
保存
印刷
その他

 京都大学の山中伸弥教授が開発した新型万能細胞(iPS細胞)の特許を管理する専門会社のiPSアカデミアジャパン(京都市)は18日、フランスのバイオ企業にiPS細胞の特許をライセンス供与したと発表した。iPS細胞から作った細胞を創薬向けだけでなく、再生医療など治療向けの研究開発や製品にも使える契約を初めて結んだ。iPS細胞の早期医療応用を促しそうだ。

 供与するのはセレクティス社(パリ市)。フランスの代表的な研究機関であるパスツール研究所から分離独立した会社で、遺伝子操作技術などに強く、幹細胞の産業化を目指す子会社を持つ。セレクティス社はiPS細胞から分化した細胞を、新薬開発の基礎実験などに生かすほか、病気や事故で機能が失われた臓器の修復を目指す再生医療向けにも役立てたい考えだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 1:18
1:16
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 26日 22:19
26日 16:16
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
26日 21:04
26日 20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報