細谷東工大教授「測定・実験方法進展の契機に」

2012/1/16付
保存
共有
印刷
その他

細谷暁夫・東京工業大学教授(理論物理学)の話 量子物理学において従来信じられていた不確定性関係が破れていること(成立しないこと)を実験で示したインパクトは大きい。物理学の教科書が修正されることになるだろう。特に測定の誤差自体が測定できることが示されたのは画期的だ。物理学の…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]