/

この記事は会員限定です

炭素繊維、オールジャパンで巨大市場に挑む

量産車向け、新興国の追い上げに対抗

[有料会員限定]

鉄より軽くて丈夫な「炭素繊維」の技術開発が国内で加速している。航空機の機体や建材などに続き、巨大な需要が期待できる量産車への応用が見えてきたからだ。課題は加工しやすくて効率生産が可能な新技術の実現。日本はこれまで世界をリードしてきたが、各国に対抗するため、産学がタッグを組んで実用化を急ぐ構えだ。

炭素繊維は鉄と比べると重さは4分の1で強度は10倍。軽くて丈夫なので、軽量化の切り札として航空機の機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン