/

この記事は会員限定です

政府事故調、地震で原発損傷「証拠なし」

国会事故調と対立

[有料会員限定]

政府の東京電力福島原子力発電所の事故調査・検証委員会(畑村洋太郎委員長)が23日に発表する最終報告書で、地震によって重要機器が損傷した証拠はないとする見解を盛り込むことが分かった。地震による損傷説を強く打ち出した国会の事故調査委員会(黒川清委員長)と真っ向から対立する形になる。

委員らは福島第1原発の作業員から聞き取り調査するととともに、事故直後の原子炉の実測データを調べ、事故がどう進んだかを分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン