/

福島第1原発2号機、燃料棒が露出 冷却機能失う

東日本巨大地震で被害を受けた東京電力の福島第1原子力発電所2号機は原子炉内の燃料を冷やす機能をすべて失い、14日午後5時、燃料棒が露出した。燃料棒の温度が上がり、原子炉を損なう炉心溶融の恐れがある。原子炉建屋の水素爆発を起こした同1号機や3号機に続き、深刻な事態に陥った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン