福島第1原発2号機、燃料棒が露出 冷却機能失う

2011/3/14付
保存
共有
印刷
その他

東日本巨大地震で被害を受けた東京電力の福島第1原子力発電所2号機は原子炉内の燃料を冷やす機能をすべて失い、14日午後5時、燃料棒が露出した。燃料棒の温度が上がり、原子炉を損なう炉心溶融の恐れがある。原子炉建屋の水素爆発を起こした同1号機や3号機に続き、深刻な事態に陥った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]