京大、iPS細胞特許を米生物資源保存機関に供与

2011/6/15付
共有
保存
印刷
その他

 京都大学の山中伸弥教授が開発した新型万能細胞(iPS細胞)の特許を管理する専門会社のiPSアカデミアジャパン(京都市)は15日、米国の生物資源保存機関にiPS細胞の特許を使う権利をライセンス供与したと発表した。特定非営利活動法人(NPO法人)である同機関を通じて、iPS細胞を世界中の研究者に配布。日本発のiPS細胞を再生医療研究のデファクトスタンダード(事実上の標準)に育てる。

 供与先はアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクション(ATCC、バージニア州)。各種の菌や細胞など生物資源を保存する世界最大規模の機関。研究用に細胞や菌などを研究者に提供している。

 ATCCはiPS細胞やiPS細胞から作った細胞などに関する30件以上のライセンスを受ける。iPS細胞を常時保存し、世界中の新薬研究など向けに提供する。

 iPSアカデミアジャパンは100件以上の特許を保有する。世界中の研究者とつながりがあるATCCに使用を許諾することで、国内外の研究を先導する狙いだ。海外へはこれまでに米独仏の企業5社に特許の使用を認めていた。

 iPS細胞は神経や目の網膜など様々な細胞に変化する能力がある。病気やけがで傷んだ患部を元通りに治す再生医療への応用が期待されている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 1:18
1:16
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 26日 22:19
26日 16:16
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
26日 21:04
26日 20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報