ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

未知の素粒子を探せ 世界最大の加速器支える日本の技術
浜松ホトニクスや古河電気工業など

(1/2ページ)
2010/4/19 14:00
共有
保存
印刷
その他

 3月末、世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」(スイス・ジュネーブ)が本格的に稼働し、未知の素粒子を探索する実験が始まった。日米欧27カ国が建設に14年かけたLHCで存在感を示すのが、計測技術や超電導線材といった日本企業の最先端技術。浜松ホトニクスや古河電気工業などは、LHCを運営する欧州合同原子核研究機関(CERN)から表彰を受けた。探索に成功すればノーベル賞級の成果ともいわれるだけに日本の技術への期待が膨らんでいる。

日本チームが参加する検出器「アトラス」(提供:アトラス研究チーム)
画像の拡大

日本チームが参加する検出器「アトラス」(提供:アトラス研究チーム)

 「日本企業が作った計測機器なら安心だ」――。各国から集まったCERNの研究者らの間では“メード・イン・ジャパン”の機器類は大きな信頼を得ているという。

 浜松ホトニクスは、LHCの建設に貢献したとして、これまでに4つの技術賞をCERNから贈られた。加速器の周囲に設置する4つの大型検出装置に使われる半導体検出器と、信号を増幅する光電子増倍管を開発、LHCに採用された。LHCで使われるほとんどの半導体検出器が同社製という。

 同社の検出器の技術はもともと医療機器向けに開発したもの。血液検査や陽電子放射断層撮影装置(PET)に不可欠な計測装置向けの技術が、医療同様に高度の性能と品質が必要な物理実験でも役立った。

 「浜松ホトニクスは素粒子実験に欠かせない存在」と、LHCの建設・実験にかかわる高エネルギー加速器研究機構の徳宿克夫教授は力を込める。素粒子実験は何年もかけて大量の計測データを蓄積して結果を出す。細かいデータの取得が結果を左右するだけに、高性能の検出技術がないと実験が成り立たない。

LHC建設に参加した主な日本企業
企業内容
加速器本体古河電工超電導線材(加速器の心臓部)
加速器本体IHI冷却装置(超電導状態をつくる)
加速器本体JFEスチール磁性を持たない鋼材
検出器浜松ホトニクス半導体検出器と光電子増倍管(検出器の心臓部)
検出器フジクラ光ファイバー

 LHCは地下100メートルに建設した直径27キロメートルに及ぶ円形加速器。宇宙の誕生初期に近い、超高エネルギー状態を作り出せるのが特徴だ。物質が重さを持つ基になる未知の素粒子「ヒッグス粒子」や、暗黒物質の正体ともいわれる「超対称性粒子」をとらえることを目指している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図4 薬師寺食堂の外観。発掘された遺構などをもとに図面を起こした。新築建物なので現行の建築基準法への適合が求められた(写真:日経アーキテクチュア)

幻の薬師寺食堂、3D設計で木造意匠を再現 [有料会員限定]

 奈良市にある薬師寺の境内に、僧侶の食事の場だった「食堂(じきどう)」が復元された。白鳳様式の木造寺院建築を鉄骨造で再現する際、設計や施工順序の検証などでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデ…続き (9/20)

GPSデバイスを着用し、タッチラグビーの試合中の動きを計測した

日本代表のITラグビー、草の根に 慶應と横浜の挑戦

 「スポーツ×テクノロジー」「スポーツ×地方創生」「スポーツ×ツーリズム」…。近年、スポーツを切り口にした新ビジネス創出への取り組みが活発化している。そうしたなか、スポーツを上手に活用して子供たちに科…続き (9/15)

図4  矢板と堤防に挟まれた部分が十勝川千代田実験水路。水路幅30m、河床勾配500分の1、全長1310mの国内最大規模の河川実験施設だ(写真:北海道開発局帯広開発建設部)

「堤防決壊」の被害軽減へ 2大原因の謎に迫る [有料会員限定]

 長大な河川堤防は、土質を完全に把握できないことから形状で性能を規定している。しかし2000年代に入り、「破堤」による甚大な被害を防ぐため、堤防の“質”へも目を向けるようになった。今では浸透と越水の2…続き (9/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月24日(日)

  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く
  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト