「はやぶさ」のカプセル回収、18日に日本へ

2010/6/14付
保存
共有
印刷
その他

豪・ウーメラ近くの砂漠で見つかった小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル(14日)=JAXA提供・共同

豪・ウーメラ近くの砂漠で見つかった小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル(14日)=JAXA提供・共同

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、13日夜にオーストラリア大陸南部に落下した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの回収に成功したと発表した。カプセルは破損していないもよう。カプセルには小惑星「イトカワ」の砂ぼこりなどが入っていると期待されている。

カプセルは円盤形で、大きさは直径40センチ、高さ20センチ。はやぶさの本体とともに大気圏に突入、本体は燃え尽きたが、カプセルはそのまま落下し、パラシュートを広げて地上に落ちた。JAXAの職員らがヘリコプターで落下地点へ行き、カプセルを回収した。

小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが入ったコンテナを運ぶJAXAの研究者ら(14日、豪・ウーメラ付近)=共同

小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが入ったコンテナを運ぶJAXAの研究者ら(14日、豪・ウーメラ付近)=共同

カプセルは専用コンテナに詰められ、チャーター機でオーストラリアから日本に輸送。18日にJAXAの相模原キャンパス(相模原市)に運び込まれ、中身を確認する。

カプセルには打ち上げ時に地上のものが混入している可能性もあり、イトカワのものと区別する必要がある。分析には「数カ月から半年はかかる」(JAXAの川口淳一郎はやぶさプロジェクトマネージャ)見込み。砂ぼこりなどを分析できれば、46億年前にできた太陽系の謎の解明につながると期待される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]