福島第1原発3号機、格納容器の圧力上昇 作業員が一時退避

2011/3/14付
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原子力発電所の3号機で14日午前7時ごろ、原子炉格納容器の圧力が上昇したため、屋外で給水作業中の作業員が一時退避した。経済産業省原子力安全・保安院が同日、発表した。その後、圧力が下がり始めたため、給水作業は再開された。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]