ヒッグス粒子、発見へ前進 宇宙の成り立ち解明へ
「万物の重さの起源」 来年中にも存在確認か

2011/12/13付
保存
共有
印刷
その他

欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、2つの国際研究チームによる実験で、万物の重さ(質量)の起源とされる「ヒッグス粒子」を発見できる可能性が高まり、研究が大きく前進したと発表した。来年いっぱいデータを集めれば、ヒッグス粒子の存在を確認できる期待が膨らんできた。

宇宙がいつどのように誕生し、どうやって今の姿になったのかを、長年、世界の科学者らが探究してきた。40年以上も前に提唱されたヒッグス粒子が見つかれば、物質が質量を持った謎が解け、現在の宇宙理論の大きな裏付けとなる。ノーベル賞級の成果といえる。

ジュネーブ郊外にある1周約27キロメートルの大型加速器で陽子と陽子とを光速近くに加速させて衝突させ、研究チームの名前にもなっている「アトラス」「CMS」という2つの実験装置で別々に粒子の性質を調べた。アトラスには日本から東京大学、高エネルギー加速器研究機構など15の大学・機関が参加している。

世界が探した「ヒッグス粒子」発見に向け研究が大きく前進した

世界が探した「ヒッグス粒子」発見に向け研究が大きく前進した

2~10月の実験データを解析、アトラスの場合、ヒッグス粒子が存在する確率は98.9%だった。物理学の世界では99.9999%だと発見となる。CERNは「ヒッグス粒子の発見というには、まだ十分ではない」としながらも、「興味をそそられるヒントが2つの実験から出た」とコメントした。

宇宙はビッグバン(大爆発)で誕生し、様々な種類の素粒子が生まれた。現在の素粒子物理学を支える理論(標準理論)では、最初はどの素粒子も質量を持たず、光速で自由に飛び回っていたが、その後、ヒッグス粒子で満たされた空間ができ、動きにくくなって質量が備わったと説明される。

ヒッグス粒子を巡る今回の成果は、CERNが事前に13日に発表するとアナウンスしたため、「世紀の大発見か」と世界中で話題になっていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]