iPS、初の臨床研究承認 実施病院が国に申請へ

2013/2/13付
共有
保存
印刷
その他

 iPS細胞を使った初の再生医療を計画している先端医療センター(神戸市)は13日、倫理委員会を開催し、目の難病を治療する臨床研究を承認した。同センターは来月にも厚生労働省に申請する。国が承認すれば、山中伸弥京都大教授が世界に先駆けて開発したiPS細胞が初めて患者の治療に応用される。臨床研究は2013年度に始まる見通し。

 臨床研究は失明の恐れがある目の病気「加齢黄斑変性」が対象。このうち網膜に無数の血管ができて目の細胞を傷める「滲出(しんしゅつ)型」という日本人に多いタイプを選ぶ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

山中伸弥臨床研究iPS

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報