福島原発事故翌日に首都圏避難検討 災害本部にメモ

2012/4/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故を受けて設置された原子力災害対策本部の議事録が公開されなかった問題で、当時の事務局員によるメモが日本経済新聞社の情報公開請求で13日明らかになった。東日本大震災翌日の第4回会議で、枝野幸男官房長官が「広域避難もそろそろ考えるべきだ(東京、茨城も)」と発言した記録があり、事故直後から首都圏を含めた避難を政府が検討していたことが判明した。(肩書は当時)

メモは昨年3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]