/

この記事は会員限定です

世界の都市の暑さ スパコンとグーグル・アースで予測

海洋機構や三菱地所がソフト

[有料会員限定]

海洋研究開発機構や三菱地所は、世界各都市の温暖化を予測するソフトを開発した。スーパーコンピューター技術などを活用して、高層ビル街や商業地で熱のこもりやすい場所をカラー画像で示す。エアコンや自動車の排熱で年々暑くなる都市のヒートアイランド対策として、都市緑化の冷却効果の検証や熱帯夜の少ない街づくりなどに役立つ。

開発には独立行政法人の建築研究所や東京都も協力した。海洋機構が地球温暖化の予測に活用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン