2019年2月16日(土)

小保方氏の博士論文、米NIHサイトと同じ

2014/3/12付
保存
共有
印刷
その他

新型万能細胞「STAP細胞」の論文を発表した理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、博士号を得るため早稲田大に提出した英語の博士論文の冒頭部分が、米国立衛生研究所(NIH)のサイトの文章とほぼ同じだったことが11日、分かった。

博士論文は、骨髄から採取した細胞がさまざまな細胞に変化できることなどを示したもので、2011年2月に発行された。約100ページの論文のうち、冒頭の26ページを割いて幹細胞研究の意義や背景を説明しているが、うち20ページはNIHの「幹細胞の基礎」というサイトとほぼ同じ記述だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報