STAP細胞、論文撤回なら「研究成果 白紙に」

2014/3/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが発表した新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」について、理研は11日、英科学誌ネイチャーに掲載した論文の撤回を検討すると発表した。簡単な方法で作れる万能細胞として注目を集めた研究成果が、なぜ撤回を検討する事態にまで追い込まれたのだろうか。

Q 論文撤回にはどんな意味があるのか。

A 一度掲載された論文を取り下げるということは、研究成果が白紙に戻る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]